皆さん禁煙したことありますか?喫煙はカラダに良くないので早い段階で禁煙を考えられるとよろしいです。こちらでは禁煙成功するための方法などをお伝えしていきますので参考にしてください。

厚生労働省が健康増進普及月間の実施期間に禁煙推進

厚生労働省は、2015年の世界禁煙デーの期間のテーマに、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを先駆けてスモークフリーの国を目指すことを掲げるなど、禁煙への取り組みを実施しています。
そして、平成27年健康増進普及月間に9月1日から9月30日までを実施期間とした健康づくりや生活習慣の改善でも禁煙推進をしています。
これまでも厚生労働省は、たばこが健康を損なうことを常に呼びかけることや禁煙マニュアルなどといった形で取り組んできていますが、なかなか喫煙をやめられない人は大勢います。努力してやめても、続かず断念する人や健康診断や病気が発症して後悔をする人など少なくありません。
しかし、禁煙は生活習慣病を予防できることや改善することで健康的な生活が送れるという認識できれば、生活環境そのものが改善されることにつながるキッカケとなり、人生も180度変わります。
この健康増進普及月間の実施期間には、賛同した都道府県、保健所設置市、関係団体などがさまざまなプロジェクトを提案しています。たばこの有害物質による体内への悪影響や美容との関係など、喫煙をやめることのメリットも分かります。禁煙は、自分の身体と共に家族や職場など、身近な人への健康の配慮にもなります。たばこがやめられない人にとって、この実施期間は有効なキッカケになるチャンスではないでしょうか。
平成27年健康増進普及月間の1か月の期間の統一標語の中に「しっかり禁煙」という言葉が入っています。厚生労働省が掲示している禁煙は、これまでの自分の身体と共に未来の自分や周囲の人々、環境に良い影響としてつながります。それはみんなで心がけると、人にも地球にもメリットになる大きな力になるのではないでしょうか。